Home » , , , , , » 過去最大の3000億円放棄=ミャンマーの債務問題決着

過去最大の3000億円放棄=ミャンマーの債務問題決着

Written By Ngakawa Kyaw on Saturday, April 21, 2012 | 7:53 AM

4月21日(土)18時50分配信

 野田佳彦首相は21日夕、来日中のミャンマーのテイン・セイン大統領と都内の迎賓館で会談した。首相は円借款(有償資金協力)を25年ぶりに再開する意向を表明。写真は会談前の両者。(代表撮影)(時事通信)

野田佳彦首相は21日、来日中のテイン・セイン・ミャンマー大統領と会談し、過去の円借款供与などで同国向けに保有する約5000億円の債権のうち3000億円強を段階的に放棄することで合意した。円借款債権の放棄額としては過去最大規模となる。これにより、両国間の経済協力拡大で障害となってきた債務問題が決着した。
Share this article :

0 comments:

Post a Comment

 
Support : Information Network by Nakakawa
Copyright © 2013. オンラインサービス業のニュース - All Rights Reserved
Created by Morinaka
Proudly powered by Blogger