Home » , , » <ミャンマー>スーチー氏登院見送り 「憲法順守」宣誓拒否

<ミャンマー>スーチー氏登院見送り 「憲法順守」宣誓拒否

Written By Ngakawa Kyaw on Sunday, April 22, 2012 | 6:34 AM

 4月22日(日)21時21分配信

 【バンコク岩佐淳士】ミャンマーの民主化運動指導者アウンサンスーチー氏が率いる「国民民主連盟」(NLD)は22日、国会再開の23日に予定していたスーチー氏らNLDの新議員41人の初登院を見送ることを決めた。議員就任時に「憲法を守る」と約束する宣誓を拒否し、政府に内容変更を求めていたが、認められなかったため。

 AFP通信によると、スーチー氏は22日、「私たちは国会をボイコットするわけではなく、参加する時機を待っている」と話した。

 NLDは引き続き政府に変更を求める方針だが、協議が決裂すればこれまで歩み寄りを見せてきた両者に大きな亀裂が生じる可能性がある。

 08年制定の憲法は国会議員の4分の1を軍推薦枠とするなど非民主的な内容が含まれ、スーチー氏は憲法改正を訴えてきた。スーチー氏は自身の公約と矛盾する宣誓を拒否し、テインセイン大統領に憲法を「守る」から「尊重する」に変更するよう求めていた。しかし、宣誓は憲法で規定されており、憲法裁判所は19日、NLDに変更要求の却下を説明した。NLDはテインセイン大統領に変更を再検討するよう求めているが、スーチー氏らが初登院する予定だった23日の国会再開に間に合わなかった。
Share this article :

0 comments:

Post a Comment

 
Support : Information Network by Nakakawa
Copyright © 2013. オンラインサービス業のニュース - All Rights Reserved
Created by Morinaka
Proudly powered by Blogger