Home » , , » ミャンマー政府と交戦 少数民族カチン独立機構書記長 日本に和平仲介求める

ミャンマー政府と交戦 少数民族カチン独立機構書記長 日本に和平仲介求める

Written By Ngakawa Kyaw on Sunday, April 29, 2012 | 2:46 AM

4月29日(日)7時55分配信

 ミャンマー政府と内戦状態にある少数民族の武装勢力、カチン独立機構(KIO)のラキェン・ラジャ書記長(67)は28日、都内で産経新聞の取材に応じ、「外国の監視がなければ停戦が安定的に継続するか疑わしい」と述べ、日本政府に和平協議の仲介と停戦監視団の派遣を求めた。

 書記長は、11の少数民族武装勢力で作る「統一民族連邦評議会」(UNFC)の特使として来日。26日に外務省を訪れ、仲介を要請した。

 政府は7勢力との間で停戦に合意しているが、KIOとの協議は難航。昨年6月以降、傘下のカチン独立軍(KIA)と国軍との間で激しい戦闘が続いており、4月1日の連邦議会補選でもカチン州では投票が延期された。

 書記長は、「KIOが求めるのは連邦内での自己決定権だ」と分離独立は否定。カチン州では子供7千人を含む7万5千人の避難民が発生し、キャンプ46カ所での健康管理などが「過重な負担になっている」として、日本政府に人道支援を求めた。

 テイン・セイン大統領が進める民主化にも懐疑的で「経済制裁はまだ必要で、解除は段階的に行うべきだ」と主張した。その上で、「日本はミャンマー政府に強い影響力を持っている」と述べ、日本の仲介に強い期待を表明した。

 ただ、上智大の根本敬教授は、「日本は現政権の改革を注視する姿勢を取っており、仲介に乗り出す可能性は低い」と指摘している。(田中靖人)
Share this article :

0 comments:

Post a Comment

 
Support : Information Network by Nakakawa
Copyright © 2013. オンラインサービス業のニュース - All Rights Reserved
Created by Morinaka
Proudly powered by Blogger