Home » , , » ミャンマーのコメ輸出、三井物産が仲介の方針

ミャンマーのコメ輸出、三井物産が仲介の方針

Written By Ngakawa Kyaw on Friday, June 8, 2012 | 4:01 AM

6月8日(金)18時55分配信
 【ネピドー=永田毅】三井物産の飯島彰己社長は7日夜、ミャンマー産のコメを輸出する方針を明らかにした。

 今月にもシンガポールに試験的に実施し、東南アジアや中東、アフリカに順次拡大する。精米や集荷事業への進出も検討する。

 ミャンマーでは、外国企業による直接貿易が禁じられており、ミャンマー企業が輸出を行い、三井物産が間に入って販売先につなぐ形で、コメ輸出を行う。

 飯島社長は、ネピドー事務所の開所式に出席後、「できる限りたくさん(ミャンマー米を)出して外貨を稼ぎ、ミャンマーに貢献していきたい」と述べた。

 大手商社は、ミャンマー政府による経済改革の進展や、欧米の経済制裁緩和や停止を受け、政府機関が集まるネピドーに事務所を設置する動きを加速している。
Share this article :

0 comments:

Post a Comment

 
Support : Information Network by Nakakawa
Copyright © 2013. オンラインサービス業のニュース - All Rights Reserved
Created by Morinaka
Proudly powered by Blogger