Home » , , » BOPビジネス 電通など支援 JICA、13案件決定

BOPビジネス 電通など支援 JICA、13案件決定

Written By Ngakawa Kyaw on Sunday, December 30, 2012 | 6:45 PM



国際協力機構(JICA)は、企業がアジ アやアフリカなどの最貧困層の生活向上につながるBOP(ベース・オブ・ピラミッド=ピラミッドの底辺)ビジネスの支援先を決めた。4回目となる今回の採 択では、89件の応募から13件が選ばれ、JICAが事業化のための準備調査費を支援する。
 電通はインドで保健・医療ビジネスを検討する日本企業を支援するため保健・医療の啓蒙(けいもう)活動に取り組む。映像システムなどをトラックに搭載し て農村などを巡回し、環境改善の意識改革につなげたり、日本企業の商品を配布し、販売ルート開拓を支援する基盤を構築する。草の根活動で現地ニーズを把握 する民間非営利団体(NPO)を企業に仲介し、日本企業ブランドの普及や販売促進に一役買うと同時に、現地の保健衛生面の環境改善の両立を目指す。
 カゴメは、インドでニンジンを使った乳幼児向けの栄養改善やビタミンA補給製品の開発を進める。インドでは視力向上や感染症予防に効果があるビタミンAの摂取不足が課題になっている。
 資生堂もバングラデシュでスキンケア製品を使う農村の女性の生活改善の啓蒙活動で商機を掘り起こす。
 ミャンマーでは、食品商社のリーテイルブランディングが、現地の水産資源を活用し、エビ加工などの国内供給と輸出のための食品の流通システム構築を目指 す。「科学実験教室」を展開する学研エデュケーショナルは、ベトナムでの展開を探り、問題解決型の人材教育に貢献する。
 
 
Share this article :

0 comments:

Post a Comment

 
Support : Information Network by Nakakawa
Copyright © 2013. オンラインサービス業のニュース - All Rights Reserved
Created by Morinaka
Proudly powered by Blogger