Home » , , » 米国、ミャンマーと軍事関係構築へ 影響力拡大目指し

米国、ミャンマーと軍事関係構築へ 影響力拡大目指し

Written By Ngakawa Kyaw on Saturday, December 22, 2012 | 6:28 AM

 (photo – Myanmar Defence Weapons / Facebook)

中国・環球網は、米国がミャンマーと「第一歩目」の軍事関係を結び、ミャンマーの改革開放への支持とアジア太平洋重視の戦略によってミャンマーへの影響力拡大を図るとしている。中華網が伝えた。


米国国防省の匿名の関係者によると、同省はミャンマーと軍事面で協力することを模索している。米国は人道支援、医薬分野、国防改革などに携わるミャンマーの軍関係者に対する訓練を行う可能性があるとした。

この関係者は「われわれは的確かつ適切な提案に賛同し、ミャンマーの改革に役立つ主張を支持する」と語った。

ミャンマーの軍事政権が2011年に解散後、米国とミャンマーの関係は大きく進歩した。オバマ米大統領は11月、ミャンマーへの歴史的な訪問を行った。

報道によれば、オバマ政府は外交政策の中心をアジア太平洋地域に移し、ミャンマーへの影響力拡大を急いでいる。これまで西側の制裁を受けてきたため、ミャンマーはほぼ中国だけに頼ってきた。

(編集翻訳 恩田有紀)
 XINHUA.JP
Share this article :

0 comments:

Post a Comment

 
Support : Information Network by Nakakawa
Copyright © 2013. オンラインサービス業のニュース - All Rights Reserved
Created by Morinaka
Proudly powered by Blogger