Home » , , , , » ミャンマー大統領 少数民族との和平実現へ “政治は全員参加で”

ミャンマー大統領 少数民族との和平実現へ “政治は全員参加で”

Written By Ngakawa Kyaw on Saturday, March 3, 2012 | 4:36 AM

【ハノイ=面川誠】ミャンマーのテイン・セイン大統領は1日、連邦議会で演説し、すべての少数民族との和平を3段階で実現する案を示しました。大統領は「全員参加の政治プロセスを進める」と述べ、加速化している政治、経済改革を後戻りさせない考えを表明しました。

「銃の代わりにパソコンを」

大統領は「わが国は連邦国家であり、すべての民族は平等だ。少数民族の若者が銃の代わりにラップトップ・パソコンを持ち、快適な生活ができるよう支援することが必要だ」と訴えました。
 ヤンゴンからの報道によると、3段階は▽戦闘を停止し信頼を醸成▽地域開発の協力事業を推進し、諸民族平等を目指して憲法改定▽和平合意の履行策を連邦議会で法制化―との内容です。
 昨年3月に49年ぶりに民政移管した後、同国政府は少数民族の主要16武装組織のうち7組織と停戦に合意しています。大統領は、100以上の民族 の平等を保障するのが政府の政策だとして、「政府が追求している和平への道はまやかしではない。“パンロン合意”の精神に基づいて和平交渉を進める」と強 調しました。
 パンロン合意とは、英国の植民地支配からの独立運動を指導した故アウン・サン将軍と少数民族代表が1947年に交わした合意文書のことです。連邦国家の枠内で少数民族の自治を保障する内容ですが、有名無実化していました。
 最大の民主化運動勢力である国民民主連盟(NLD)のアウン・サン・スー・チー議長は2010年11月に自宅軟禁を解除された後、「第2回パンロン会議」の開催を提案しています。
 大統領は国内の安定が国の発展の前提条件だと指摘。大統領は「まだ改革を疑う人々が多いが、われわれは新たな民主国家への道を切り開いている」として、国民生活の向上、雇用創出、汚職とのたたかい、投資の促進に努力すると述べました。
Share this article :

0 comments:

Post a Comment

 
Support : Information Network by Nakakawa
Copyright © 2013. オンラインサービス業のニュース - All Rights Reserved
Created by Morinaka
Proudly powered by Blogger