Home » , , » 自宅軟禁中に「慰められた」、スー・チー氏が英DJに感謝

自宅軟禁中に「慰められた」、スー・チー氏が英DJに感謝

Written By Ngakawa Kyaw on Thursday, June 21, 2012 | 6:25 AM

[ロンドン/オックスフォード 20日 ロイター] 英国を訪問しているミャンマーの最大野党党首アウン・サン・スー・チー氏は19日、ロンドンの英BBC放送を訪れ、自宅軟禁中に聴いていたという同局の音楽ラジオ番組に「慰められた」として、DJに感謝の意を述べた。

U2のボノ、スー・チー氏にアムネスティ栄誉賞手渡す

この日、67歳の誕生日を迎えたスー・チー氏は、15年に及んだ自宅軟禁中に聴いていた同局の音楽リクエスト番組「A Jolly Good Show」のDJ、デーブ・リー・トラビス氏と対面。トラビス氏は「(スー・チー氏が聴いていたと知って)本当に驚いた。世界中に4000万人のリスナーがいるが、世界的な指導者が聴いていて、しかも慰められていたことに感動した」と語った。

スー・チー氏は「どこにいてもBBCはいつも一緒だった」とし、「(BBCが)私と世界との懸け橋となってくれた。誰とも接触できないときに、外の世界で何が起きているのか知ることができた」と述べた。

また、スー・チー氏は20日、母校オックスフォード大学を訪問し、名誉博士号を受けた。自宅軟禁中の1993年に授与が決まったもので、19年越しの授与式となった
Share this article :

0 comments:

Post a Comment

 
Support : Information Network by Nakakawa
Copyright © 2013. オンラインサービス業のニュース - All Rights Reserved
Created by Morinaka
Proudly powered by Blogger