Home » , , » スー・チー氏、連邦議会で初めて発言

スー・チー氏、連邦議会で初めて発言

Written By Ngakawa Kyaw on Thursday, July 26, 2012 | 3:52 PM

 7月26日(木)7時32分配信

 ミャンマーの民主化運動指導者、アウン・サン・スー・チー氏が25日、連邦議会で初めて発言し、「少数民族の権利を守る法律が必要」だと訴えました。

 アウン・サン・スー・チー氏は25日、首都ネピドーで開かれている連邦議会下院の本会議に出席しました。

 スー・チー氏は「少数民族の権利に関する議題」の中で発言し、カチン族やシャン族などの貧困率を挙げたうえで、「少数民族の権利を守るための法律が必要」だと述べました。

 また、スー・チー氏は、「真の民主化とは、国が発展することではなく、少数民族も含めたすべての国民が平等であること。そのための議論を国会で行うべきだ」と主張しました。スー・チー氏が国会で発言するのは、今年4月の補欠選挙で当選して以来、初めてです。

 ミャンマーのテイン・セイン大統領は、民主化に向けた重要課題として、少数民族との和平合意などを進めていますが、いまだに武力衝突が続いている地域もあります。


(25日23:14)
Share this article :

0 comments:

Post a Comment

 
Support : Information Network by Nakakawa
Copyright © 2013. オンラインサービス業のニュース - All Rights Reserved
Created by Morinaka
Proudly powered by Blogger