Home » , , » ミャンマー、ヤンゴンに第2国際空港 2016年までに建設

ミャンマー、ヤンゴンに第2国際空港 2016年までに建設

Written By Ngakawa Kyaw on Friday, July 20, 2012 | 1:54 AM

7月20日(金)8時15分配信

 AP通信によると、ミャンマーの最大都市、ヤンゴンに2番目の国際空港が建設される見込みだ。同国では民主化に伴い、商用や観光で外国人の出入国が増加すると予想され、ヤンゴン国際空港が手狭になってきたためだ。同空港は年間270万人の乗客が利用するが、17機分の駐機スペースしかない。

 ミャンマー民間航空局のティン・ナン・トゥン局長は「第2空港」として、1994年に建設が始まり、2003年に中止されたハンサワディー国際空港を16年までに整備するとの計画を明らかにした。

 同空港はヤンゴンの北77キロメートルに位置し、敷地面積は36.42平方キロメートルで、ヤンゴン国際空港の9倍の広さだ。同局長は「より多くの乗客が利用できる新空港建設に向けて、内外の投資家に呼びかけているところだ。民間部門の参加を歓迎する」と述べた。

(シンガポール支局)
Share this article :

0 comments:

Post a Comment

 
Support : Information Network by Nakakawa
Copyright © 2013. オンラインサービス業のニュース - All Rights Reserved
Created by Morinaka
Proudly powered by Blogger