Home » , , » <ビルマ戦線犠牲者>日英共に追悼 日本人僧侶、初参加

<ビルマ戦線犠牲者>日英共に追悼 日本人僧侶、初参加

Written By Ngakawa Kyaw on Tuesday, August 14, 2012 | 10:56 AM

 日英の和解を願って経を上げる佐藤氏(左)=英ベドフォードの教会で2012年8月12日午前11時、小倉孝保撮影

【ベドフォード(ロンドン郊外)小倉孝保】第二次世界大戦中にミャンマー(旧ビルマ)で日本軍と戦った英国退役軍人らで作るビルマ・スター協会ベドフォード支部は12日、犠牲になった仲間たちを追悼する礼拝を地元教会で開いた。英国で日英戦後和解に取り組むビルマ作戦協会(マクドナルド昭子会長)の日本人メンバーらが招かれ、共に追悼した。和解に強硬に反対してきた同支部が日本人を招くのは初めて。

 この礼拝は毎年この時期に開かれており、今年は地元の退役軍人やその家族、地元住民ら約200人が出席。ビルマ戦線で亡くなった兵士らに黙とうしたあと賛美歌を合唱。招待されたロンドン在住、浄土真宗の僧侶、佐藤顕明氏(72)が、平和と和解を願って仏教のお経を読み上げた。また、教会関係者がロンドン五輪に触れ、「国際親善・友好を五輪閉幕後も継続させよう」と呼びかけた。

 ミャンマーでは1941~45年、旧日本軍と英国軍などの間で激戦があり双方に多くの犠牲者を出した。英国ではこの時期、さまざまな団体が日英和解のためのイベントを開いている。
Share this article :

0 comments:

Post a Comment

 
Support : Information Network by Nakakawa
Copyright © 2013. オンラインサービス業のニュース - All Rights Reserved
Created by Morinaka
Proudly powered by Blogger