Home » , , » スー・チー氏、英国時代の友人に聞く素顔

スー・チー氏、英国時代の友人に聞く素顔

Written By Ngakawa Kyaw on Saturday, August 4, 2012 | 4:11 AM

 8月4日(土)3時53分配信

 ミャンマーの民主化運動指導者アウン・サン・スー・チー氏。運動に身を投じる前はイギリスで『ごく普通の主婦』として生活していました。そのイギリス時代からの友人にスー・チー氏の素顔を聞きました。

 「最も困難なとき、私はオックスフォードの思い出に支えられました。難題に立ち向かわなければならないとき、大きな助けとなりました」(アウン・サン・スー・チー氏)

 アウン・サン・スー・チー氏は今年、実に24年ぶりにミャンマーを出国し、イギリスでは母校オックスフォード大学を訪れ、名誉博士号を授与されました。

 現在公開中の映画『The Lady』には、そんな彼女がイギリスで『ごく普通の主婦』として暮らしていたころの様子が描かれています。

 イギリス時代からのスー・チー氏の友人、宮下夏生さん。スー・チー氏がビルマ建国の父、アウンサン将軍の娘だとはまったく知らなかったといいます。

 「地味な家庭という感じでした。まさかあのスー・チーさんが民主化運動のリーダーになるとは夢にも思わなかったです」(スー・チー氏の友人 宮下夏生さん)

 1988年、母の看病のために帰国したスー・チーさんは、軍事政権打倒を目指す民主化運動に参加し、その渦に巻き込まれていきます。長年にわたる自宅軟禁を強いられ、家族は引き裂かれてしまいました。

 病を患った夫との再会を願ったスー・チー氏でしたが、一度出国すれば、再入国が認められない状況にイギリス行きを断念。再会を果たせないまま、夫は亡くなりました。

 「彼女自身、本当にまったく違った世界に閉じ込められて、今後どうしたらいいかということを非常に悩んだようです」(スー・チー氏の友人 宮下夏生さん)

 しかし、スー・チー氏自身は家族と離ればなれになったことについて、後に次のように語っています。

 「これは私がした選択です。人は優先すべきものを決めたら、それに従って生きるものだと思います」(アウン・サン・スー・チー氏)

 そんなスー・チーさんと宮下さんが再会を果たしたのは、スー・チーさんが自宅軟禁から解放されたあと、去年のことでした。

 「20数年ぶりだったものですから、『なつおー』って言って抱きかかえてくれまして」(スー・チー氏の友人 宮下夏生さん)

 宮下さんは、スー・チーさんのたたずまいの変わりように驚いたといいます。

 「当時は本当に一介の主婦ですよね。今はNLDの党首ですものね。国を率いる方ですので、ぜんぜん違って。でも、あたたかさは同じでした」(スー・チー氏の友人 宮下夏生さん)

 そして別れ際、こんな言葉が印象に残ったといいます。

 「私の好きな言葉は『親切』っていう言葉なんですよって。それはどういうことですかと聞きましたら、親切は見返りを求めない。愛っていうのは、LOVEは何か見返りを求める。ですから私は『親切』っていう言葉が好きだって」(スー・チー氏の友人 宮下夏生さん)

 今年、国会議員となり、ミャンマーの国政の表舞台に上がったスー・チー氏。大きく変わり始めた国で、どのような役割を果たすのか、世界が注目しています。

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20120804-00000007-jnn-int
Share this article :

0 comments:

Post a Comment

 
Support : Information Network by Nakakawa
Copyright © 2013. オンラインサービス業のニュース - All Rights Reserved
Created by Morinaka
Proudly powered by Blogger