Home » , , » ミャンマー 政府による言論統制の大幅緩和へ

ミャンマー 政府による言論統制の大幅緩和へ

Written By Ngakawa Kyaw on Tuesday, August 21, 2012 | 3:59 PM



民主化が進むミャンマーで、軍事政権時代から半世紀近く続いていた新聞や雑誌などの事前検閲がすべて廃止され、これまで厳しかった政府による言論統制が大幅に緩和される見通しになりました。

 ミャンマー政府は20日、去年3月の民政移管後も続いていた新聞や雑誌などすべての出版物について、事前検閲を廃止すると発表しました。民主化を進める テイン・セイン大統領は、去年から徐々に検閲の緩和を進めていて、スポーツなどを扱う出版物の事前検閲はすでに廃止されていました。今回の決定で、特に厳 しく統制されてきた政治や宗教に関する事前検閲も廃止となり、政府による言論統制が大幅に緩和されるとみられています。ただ、政府が内容に問題があると判 断した場合は、罰金などの対象になるため、完全な言論の自由というわけではなさそうです。
Share this article :

0 comments:

Post a Comment

 
Support : Information Network by Nakakawa
Copyright © 2013. オンラインサービス業のニュース - All Rights Reserved
Created by Morinaka
Proudly powered by Blogger