Home » , , » ジェットスター・アジア航空、航空便を増設

ジェットスター・アジア航空、航空便を増設

Written By Ngakawa Kyaw on Thursday, September 13, 2012 | 5:18 AM



ジェットスター・アジア航空の17機目となるエアバスA320の運航に伴い、ジェットスター・アジア航空は東南アジア市場の運航能力を高める。2012年10月28日より、ジェットスター・アジア航空は毎月7万座席を増やし、シンガポールからクアラルンプール、バンコク、プーケット、バンコク、ヤンゴンに向かう航空便の運航能力を高める構えだ。
ジェットスター・アジア航空のBara Pasupathi社長によると、ジェットスター・アジア航空はシンガポールからミャンマーに向かう直航便を運営する唯一の航空会社であり、東南アジア市場ではミャンマーが次第に吸引力の大きな目的地になっているという。

現在、ジェットスター・アジア航空が運航するシンガポール~クアラルンプールに向かう航空便数は毎週61便、旅客は適時、マニラ、中国・台北などの人気目的地に行くことができる。

また、ジェットスター・アジア航空は、シンガポールと景勝地のプーケットおよびバンコクを往復する航空便数を増設する計画だ。その際、毎週シンガポールとタイを往復する航空便数は44便に達する。

ジェットスター・アジア航空はアジア太平洋地域で成長が最も速いエコノミー型の航空会社であり、17ヵ国60地域に行くことができる。12年6月30日までの会計年度でジェットスター・アジア航空の運航能力は38%伸びている。今回の航空便数の増設を通じてその運航能力はさらに強まることになる。

(翻訳 劉英/編集翻訳 矢島東吾)
Share this article :

0 comments:

Post a Comment

 
Support : Information Network by Nakakawa
Copyright © 2013. オンラインサービス業のニュース - All Rights Reserved
Created by Morinaka
Proudly powered by Blogger