Home » , , , » 米企業幹部50人がミャンマー訪問へ、投資・貿易機会を模索

米企業幹部50人がミャンマー訪問へ、投資・貿易機会を模索

Written By Ngakawa Kyaw on Sunday, February 24, 2013 | 7:53 PM



[ワシントン 22日 ロイター]

米商工会議所は22日、政府の対ミャンマー制裁緩和を受け、企業幹部50人が来週同国を訪問することを明らかにした。貿易や投資の機会を模索する。

商工会議所のアジア担当バイスプレジデント、タミ・オーバーバイ氏の声明は「今回の代表団訪問は重要な節目となる。2国間の経済関係正常化は大きく前進し、次の段階に引き上げる時期にきている」としている。

オバマ大統領は、昨年11月に歴史的なミャンマー訪問を実現させた。その後、米主要財界人がミャンマーを訪れるのは初めて。

訪問団には、アグリビジネス、自動車、エレクトロニクス、エネルギー、小売、通信、その他の分野の企業幹部が参加する。

参加企業は20数社にのぼり、メットライフ<MET.N>、カーギル<CARG.UL>、フェデックス<FDX.N>、シェブロン<CVX.N>、ゼネラ ル・モーターズ(GM)<GM.N>、ゼネラル・エレクトリック(GE)<GE.N>、ターゲット<TGT.N>、ハネウェル<HON.N>、イーベイ <EBAY.O>など。
Share this article :

0 comments:

Post a Comment

 
Support : Information Network by Nakakawa
Copyright © 2013. オンラインサービス業のニュース - All Rights Reserved
Created by Morinaka
Proudly powered by Blogger