Home » , , » ミャンマーが携帯認可入札の参加者選定、KDDIなど12連合応札へ

ミャンマーが携帯認可入札の参加者選定、KDDIなど12連合応札へ

Written By Ngakawa Kyaw on Thursday, April 11, 2013 | 8:57 PM





写真は2012年10月29日、テレコムスクエア、 ミャンマー向けの携帯電話レンタルサービスに続いてデータ通信サービス


[ヤンゴン 11日 ロイター]

ミャンマー政府は11日、携帯事業の認可入札で、KDDI<9433.T>など12の企業連合(コンソーシアム)を選定した。

日本からはKDDIが住友商事<8053.T>、ミャンマー情報通信技術開発会社と組んで参加するほか、丸紅<8002.T>もフランステレコム傘下のオレンジ<FTE.PA>と共同で参加する。

入札参加者は6月3日までに申請書を提出する必要があり、結果は6月27日までに発表予定としている。

入札では、2連合に対し15年間の事業免許が付与される。

日本勢のほか、インドのバーティ・エアテル<BRTI.NS>、中国移動(チャイナ・モバイル)<0941.HK>、シンガポールテレコミュニケーションズ(シングテル)<STEL.SI>、南アのMTNグループ<MTNJ.J>などが参加を予定している。

人口約6000万人のミャンマーでは、携帯普及率が5─10%にとどまっており、携帯市場の最後の主要な未開拓市場の1つとされる同国をめぐっては、世界の通信企業が進出に強い関心を示している。
Share this article :

0 comments:

Post a Comment

 
Support : Information Network by Nakakawa
Copyright © 2013. オンラインサービス業のニュース - All Rights Reserved
Created by Morinaka
Proudly powered by Blogger