Home » , , » 米通商代表部、ミャンマーからの輸入品の関税撤廃を検討

米通商代表部、ミャンマーからの輸入品の関税撤廃を検討

Written By Ngakawa Kyaw on Wednesday, April 24, 2013 | 3:47 AM





ロイター
米通商代表部(USTR)のマランティス代表代行


[ワシントン 23日 ロイター]

 米国は、マランティス米通商代表部(USTR)代表代行のミャンマー訪問を24日に控え、同国との通商関係を見直し、同国からの輸入品に対する関税を撤廃する可能性がある。




USTRはミャンマーとラオスを一般関税優遇制度(GSP)に加えることを検討している。GSP下では128カ国および地域の輸入品最大5000品目の関税を撤廃している。

マランティス代表代行は、ヤンゴンを訪れミャンマー政府や経済界関係者らと会談するほか、首都ネピドーも訪れる。


Share this article :

0 comments:

Post a Comment

 
Support : Information Network by Nakakawa
Copyright © 2013. オンラインサービス業のニュース - All Rights Reserved
Created by Morinaka
Proudly powered by Blogger