Written By Ngakawa Kyaw on Wednesday, April 17, 2013 | 7:49 AM


東大で講演するアウン・サン・スー・チー氏(17日午前、東京都文京区)


ミャンマーの最大野党・国民民主連盟(NLD)を率いるアウン・サン・スー・チーさんは17日、東京大で約400人の学生らを前に講演し、「憲法改正は軍の協力もなければ進められない」と語った。

 スー・チーさんは軍政時代に自宅軟禁下に置かれるなど弾圧されてきたが、「全議席の25%を持つ軍ともいい関係を築くことが必要だ」と述べた。

 また、日本で若者の選挙への関心が低いことを指摘し、「私の国では、若者はまだ民主主義を理解できていない。皆さんが自由で公正な選挙に参加できることは喜ぶべきことです」と訴えた。


Share this article :

0 comments:

Post a Comment

 
Support : Information Network by Nakakawa
Copyright © 2013. オンラインサービス業のニュース - All Rights Reserved
Created by Morinaka
Proudly powered by Blogger