Home » , , » スー・チーさんの髪飾り

スー・チーさんの髪飾り

Written By Ngakawa Kyaw on Thursday, April 25, 2013 | 6:14 AM



 

「民主化運動のシンボル」という強いキーワードとは裏腹に、後ろ髪のワインレッドと黄色のバラがとても優しく、柔らかな残像となって今もまぶたの奥で輝いている。これほど花の似合う人をほかに知らない。  

ミャンマー最大野党、国民民主連盟(NLD)党首のアウン・サン・スー・チーさんが27年ぶりに日本を訪れた。安倍首相との会談や、かつて在籍した京都大での講演など、国民の話題をさらい続けた1週間の滞在だった。

 1988年に民主化運動に身を投じ、軍政との対立で通算15年間の自宅軟禁を強いられたスー・チーさん。2011年の民政移管後に政界入りし、一層の民主化進展への支援を求めて諸国を外遊する。その一環としての今回の訪日だった。

 「期待に添えるお答えができないかもしれないが、努力して答えたい」。日本記者クラブでの記者会見。質問者の目を真っすぐに見つめ、誠実に語る凛とした姿が、バラの深紅と浅黄とともに記憶の中に収まった。

 ミャンマーでは進む民主化の一方で、政府と少数民族との戦闘や、仏教徒とイスラム教徒との対立も表面化する。憲法改正や大統領就任にも意欲を示すスー・チーさんだが、前途は決して平たんではない。

 「さよなら」とあいさつする満面の笑みを残し、成田を発って1週間。日本は春が暮れ、週末からの大型連休を挟んで季節はまた一歩進む。讃岐路は一斉にツツジが咲き始めた。清楚(せいそ)な初夏の彩りに、かの国の明るい未来を重ねてみる。

(U)

Share this article :

0 comments:

Post a Comment

 
Support : Information Network by Nakakawa
Copyright © 2013. オンラインサービス業のニュース - All Rights Reserved
Created by Morinaka
Proudly powered by Blogger