Home » , , » 銃撃戦で再び“圧力鍋”爆発させる

銃撃戦で再び“圧力鍋”爆発させる

Written By Ngakawa Kyaw on Sunday, April 21, 2013 | 1:16 AM







アメリカ・ボストンの爆弾テロ事件で、容疑者2人のうち逃走を続けていたジョハル・ツァルナエフ容疑者(19)が、2度目の銃撃戦の末、20日、身柄を拘束された。警察はジョハル容疑者について、重傷ではあるものの命に別条はないと述べている。

 爆弾テロ事件後、ジョハル容疑者は兄のタメルラン・ツァルナエフ容疑者(26)と共にボストン近郊の町へ逃走し、警察と銃撃戦を引き起こした。現場では、民家の壁に爆発物の破片が至るところに食い込み、道路標識には銃弾の痕、道路には大きな血痕もあった。警察によると、容疑者たちはテロに使った圧力鍋製の爆弾を再び爆発させたという。

 現場近くに住む人「ここで爆弾の1つが爆発した。爆発でできた穴があちこちにある。戦争のようだった…。映画のようで信じられない」

 ジョハル容疑者はこの銃撃戦の後、現場近くの民家の庭にあったボートの中に潜伏していたところを発見され、再び警察と撃ち合った末に拘束された。警察が公開したヘリコプターの赤外線カメラで撮影した写真には、ボートの中に潜むジョハル容疑者の影がくっきりと浮かび上がっている。

 一方、ジョハル容疑者の拘束とタメルラン容疑者の死亡を知らされたロシアに住む母親は「タメルランが宗教に傾倒したのは約5年前。でも、“聖戦”だとか口にしたことがない」と語っている。

 FBI(=米連邦捜査局)は11年、タメルラン容疑者が過激なイスラム教信者だという外国政府からの情報に基づいて、通話記録や海外渡航歴などを調べ、本人への聴取もしていたことを明らかにした。しかし、その時点ではテロ活動に参加していた様子は見つからず、マークしなかったという。

 アメリカで学生生活を送った兄弟が、なぜ凶悪なテロリストに変貌したのか。警察は、ジョハル容疑者の回復を待って犯行動機や詳しい経緯について解明を進める方針。




Share this article :

0 comments:

Post a Comment

 
Support : Information Network by Nakakawa
Copyright © 2013. オンラインサービス業のニュース - All Rights Reserved
Created by Morinaka
Proudly powered by Blogger