Home » , , , , , » 世銀、ミャンマーでの活動を25年ぶりに再開する方針

世銀、ミャンマーでの活動を25年ぶりに再開する方針

Written By Ngakawa Kyaw on Friday, February 17, 2012 | 4:47 AM

2月17日(金)14時41分配信

[ワシントン 16日 ロイター] 世銀は16日、ミャンマーでの活動を25年ぶりに再開する方針を示した。ただし融資再開には、ミャンマーが国際機関への債務返済延滞を解消することが条件としている。

世銀の東アジア・太平洋地域担当バイスプレジデント、パメラ・コックス氏はインターネットに掲載した声明で「われわれはミャンマーの状況を心強く思っている」とし「ミャンマー国民の利益となるような改革を支援すべく、政府への関与を再開する手続きを開始した」と表明した。

国際機関はこれまで、人権問題への懸念を理由にミャンマーへの支援に消極的な姿勢をとっており、多くの国が現在でも経済的・軍事的な制裁を行っている。世銀は1987年、ミャンマーでの活動を停止した。

ただ、2011年終盤ごろから民主化改革が進められていることから、欧州連合(EU)は制裁解除に動き始めている。アジア開発銀行(ADB)などの国際機関も、活動再開に向け予備的な措置をとっている。

世銀は、ミャンマー経済の評価報告書を策定、公表するとしている。
Share this article :

0 comments:

Post a Comment

 
Support : Information Network by Nakakawa
Copyright © 2013. オンラインサービス業のニュース - All Rights Reserved
Created by Morinaka
Proudly powered by Blogger