Home » , , » 自爆攻撃で26人死亡、パキスタン北西部

自爆攻撃で26人死亡、パキスタン北西部

Written By Ngakawa Kyaw on Saturday, February 18, 2012 | 3:53 AM

2012年02月18日 11:31 発信地:ペシャワール/パキスタン
【2月18日 AFP】パキスタン北西辺境州の部族地域パラチナル(Parachinar)にあるイスラム教シーア派のモスク(礼拝所)付近で17日、礼拝中にオートバイを使用した自爆攻撃があり、少なくとも26人が死亡した。死者数は、過去1か月間で最多となる。

 アフガニスタンと国境を接するパラチナルでは、多数を占めるイスラム教スンニ派と少数派シーア派の間で宗派対立が激化している。

 クラム(Kurram)地区当局者はAFPに対し、約54人の負傷者のうち37人が入院しており、重体の者もいると述べた。

 アフガニスタンの旧支配勢力タリバン(Taliban)のパキスタンにおけるグループから分派した組織「Tehreek-e-Taliban Islami」が、今回の自爆攻撃について犯行声明を出している。(c)AFP/Lehaz Ali
Share this article :

0 comments:

Post a Comment

 
Support : Information Network by Nakakawa
Copyright © 2013. オンラインサービス業のニュース - All Rights Reserved
Created by Morinaka
Proudly powered by Blogger