Home » , , » ラオス、カンボジア、ミャンマーは中国の勢力範囲に=米中が争う東南アジア―台湾メディア

ラオス、カンボジア、ミャンマーは中国の勢力範囲に=米中が争う東南アジア―台湾メディア

Written By Ngakawa Kyaw on Tuesday, July 10, 2012 | 6:02 AM

8日、台湾・中央通訊社は、ラオス、カンボジア、ミャンマーが中国のインフラ建設支援、軍事支援、企業投資を受けるため、中国の勢力範囲に入ったと報じた。写真はカンボジア。

7月10日(火)17時31分配信

2012年7月8日、台湾・中央通訊社は、ラオス、カンボジア、ミャンマーが中国のインフラ建設支援、軍事支援、企業投資を受けるため、中国の勢力範囲に入ったと報じた。9日、環球時報が伝えた。

「アジアへの帰還」戦略を進める米国と台頭著しい中国。東南アジアは両国が影響力を競いあう舞台となっている。東南アジア諸国連合(ASEAN)諸国は難しい立場に立たされているとともに、米中を天秤にかけていかに利益を引き出すかを考えている。

ラオス、カンボジア、ミャンマー。ASEANの最貧国であるこの3カ国は中国のインフラ建設支援、軍事支援、企業投資を必要としている。そのため、中国の勢力範囲に入ったという。一方、フィリピン、ベトナム、そして恐らくシンガポールは米国の「アジアへの帰還」戦略の拠点となる。また米国はタイにも人道センターを設立したいと考えている。


(翻訳・編集/KT)
Share this article :

0 comments:

Post a Comment

 
Support : Information Network by Nakakawa
Copyright © 2013. オンラインサービス業のニュース - All Rights Reserved
Created by Morinaka
Proudly powered by Blogger