Home » , , , » この人たちに注目-世界で最も影響力のある50人・2012年版

この人たちに注目-世界で最も影響力のある50人・2012年版

Written By Ngakawa Kyaw on Friday, September 7, 2012 | 3:03 AM



9月6日(ブルームバーグ):市場を動かす力や、アイデアや方針を具体化する能力、証券価格やディールの構造への影響力。これらは金融の世界に君臨する実力者を定義づける特質だ。ブルームバーグ・マーケッツ誌10月号が特集した「最も影響力のある50人・2012年版」に登場した人々にもこうした資質が見られた。

今年の実力者50人を探すに当たり、ブルームバーグ・ニュースは世界150の支局に勤務する記者たちの報道と助言を活用した。ブルームバーグ・マーケッツ誌に掲載された過去1年間のランキングでトップになったヘッジファンド運用者、エコノミスト、投資銀行家はリスト選定に対して優先的に扱った。

最近の業績を生涯の業績よりも重視し、影響力を強めている人物を優先した。今年のリスト掲載者の3分の2は11年版リストには登場しなかった新しい顔触れで、政治的混乱やユーロ圏債務危機の深刻化、大手金融機関の困難が浮き彫りになった。

リストは企業の実力者と資産運用者、政策立案者、学識者、銀行家の5つの領域に分類。政策立案者のグループでは政府のトップを除外し、閣僚や議員、中央銀行当局者を優先した。
企業の実力者

ウォーレン・バフェット氏(82):米投資・保険会社バークシャー・ハサウェイ最高経営責任者(CEO)。

鄭夢九氏(74):韓国ヒュンダイモーターカンパニー(現代自動車)会長。

ティム・クック氏(51):米アップルCEO。

ジョン・フレドリクセン氏(68):掘削サービス会社シードリル会長。

デービッド・コーク氏(72)とチャールズ・コーク氏(76)兄弟:米コーク・インダストリーズ共同創業者。

ユーリ・ミルナー氏(50):ロシアのインターネット企業Mail.ru・グループ共同創業者。

バージニア・ロメッティ氏(55):米IBMのCEO。

カルロス・スリム氏(72):メキシコの携帯電話会社アメリカ・モビル名誉会長。

柳井正氏(63):ファーストリテイリング創業者。衣料品チェーンのユニクロの親会社であるファーストリテイリングは、8月半ばまでの5年間に株価が158%上昇し、日経平均株価の構成銘柄ウエートではトップ。柳井会長は中国で数百店舗をオープンさせる計画で同国の事業に賭けている。



マーク・ザッカーバーグ氏(28):米フェイスブック創業者。
資産運用者

クリフ・アスネス氏(45):AQRキャピタル・マネジメント共同創業者。

ハメド・ビン・ザーイド・アル・ナヒヤン氏:アブダビ投資庁マネジングディレクター。

チェース・コールマン氏(37):タイガー・グローバル・マネジメント創業者。

レオン・クーパーマン氏(69):オメガ・アドバイザーズ創業者。

レイ・ダリオ氏(63):ブリッジウォーター・アソシエーツ創業者。

メアリー・キャラハン・アードス氏(45):JPモルガン・チェース資産運用部門CEO。

ラリー・フィンク氏(59):ブラックロックCEO。

ビル・グロース氏(68):パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)共同最高投資責任者。2011年に同業者に後れを取ったグロース氏は、世界最大の債券ファンドを回復軌道に乗せた。PIMCOトータル・リターン・ファンドは7月31日時点で年初来リターンと過去5年間のリターンが同種のファンドの98%を上回った。

ジェフリー・ガンドラック氏(52):ダブルライン・キャピタル創業者。

マイケル・プラット氏(44):ブルークレスト・キャピタル・マネジメント創業者。
政策立案者

ママタ・バナジー氏(57):インド西ベンガル州首相。

ベン・バーナンキ氏(58):米連邦準備制度理事会(FRB)議長。

プリート・バラーラ氏(43):米連邦地検検事正。

マリオ・ドラギ氏(65):欧州中央銀行(ECB)総裁。ドラギ総裁は就任後初の政策委員会で利下げした際、トリシェ前総裁と異なる針路を描く考えを示した。市場はユーロ防衛であらゆる措置を講じるとするドラギ総裁の公約を試している。

ティモシー・ガイトナー氏(51):米財務長官。

ポール・ライアン氏(42):米下院予算委員長。共和党副大統領候補。

アウン・サン・スー・チー氏(67):ミャンマー国民民主連盟党首。

アデア・ターナー氏(56):英金融サービス機構(FSA)長官。



ジャネット・イエレン氏(66):FRB副議長。

周小川氏(64):中国人民銀行(中央銀行)総裁。
学識者

モーリー・ハリス氏(65):UBSセキュリティーズのチーフエコノミスト。ハリス氏はブルームバーグ・マーケッツ誌1月号の経済予測ランキングで米国の成長率予想が最も正確だった。同氏は今年の米経済成長率を2.1%とみており、政治家は財政の崖を何とかして回避するだろうと指摘している。

グレン・ハバード氏(54):コロンビア大学経営大学院学長。米共和党大統領候補ミット・ロムニー氏のアドバイザー。

ダニエル・カーネマン氏(78):プリンストン大学名誉教授。

ポール・クルーグマン氏(59):プリンストン大学教授。

カーメン・ラインハート氏(56):ハーバード大学教授。

アラン・シンプソン氏(81):元米上院議員。

ハンスウェルナー・ジン氏(64):独Ifo経済研究所所長。

ジョゼフ・スティグリッツ氏(69):コロンビア大学教授。

ジョン・テーラー氏(65):スタンフォード大学教授。

ニコラ・ベロン氏(40):ブリューゲル上級研究員。
銀行家

ロイド・ブランクファイン氏(57):ゴールドマン・サックス・グループCEO。経費削減や人員整理が進む中でゴールドマンの株価は年初以降9月4日までに18%上昇した一方、モルガン・スタンレー株は2.5%高にとどまっている。ブランクファインCEOは同社が大見出しで報道されるのを回避するなどして影響力を若干取り戻している。

エミリオ・ボティン氏(77):スペインのサンタンデール銀行会長。

ジェイミー・ダイモン氏(56):JPモルガン・チェースCEO。「ロンドンの鯨」と呼ばれたトレーダーによる取引で58億ドル(約4500億円)余りの損失が発生し、行き過ぎた規制をけん制するダイモンCEOのメッセージは弱まったものの、反省の色も示した。同行はそれでも1-6月(上期)に約100億ドルの利益を計上した。

イザベル・イーレット氏(49):ゴールドマン・サックス・グループ証券部門共同責任者。



アンドレ・エステベス氏(44):ブラジルのグルーポ・BTG・パクチュアルCEO。

アンシュー・ジェイン氏(49):ドイツ銀行共同CEO。6月1日に就任したジェイン共同CEOは今秋、より詳細な経営戦略を打ち出す予定。今のところ、年末までに約1900人を削減する。うち1500人は自身がかつて率いた投資銀行部門が対象となる。報酬も圧縮している。

姜建清氏(59):中国工商銀行会長。

ジェラルド・マッコーイ氏(56):カナディアン・インペリアル・バンク・オブ・コマースCEO。

ルース・ポラット氏(54):モルガン・スタンレー最高財務責任者(CFO)。

ジョン・スタンプ氏(58):ウェルズ・ファーゴCEO。

(ブルームバーグ・マーケッツ誌がまとめた最も影響力を持つ50人のスライドショーはここをクリックして下さい)

原題:Most Influential 50 in 2012 Shows Turmoil: BloombergMarkets(抜粋)

記事に関する記者への問い合わせ先:ニューヨーク Robert Dieterich rdieterich@bloomberg.net

記事についてのエディターへの問い合わせ先:Michael Serrill mserrill@bloomberg.net

Robert Dieterich
Share this article :

0 comments:

Post a Comment

 
Support : Information Network by Nakakawa
Copyright © 2013. オンラインサービス業のニュース - All Rights Reserved
Created by Morinaka
Proudly powered by Blogger