Home » , , » 全日空社長「週7便に」…ミャンマー路線に就航

全日空社長「週7便に」…ミャンマー路線に就航

Written By Ngakawa Kyaw on Monday, October 15, 2012 | 8:33 AM



全日本空輸は15日、成田空港とミャンマーの最大都市ヤンゴンを結ぶ路線を就航した。

 日本とミャンマーを結ぶ定期便は12年ぶりとなる。民主化が進むミャンマーは日系企業の進出意欲が高まっており、全日空は、ビジネス客の取り込みを目指すとともに、観光需要の拡大にも期待する。

 定期便は週3往復で、全38席がビジネスクラスだけの小型機を使う。10月中の予約は約7割の席が埋まるなど上々の滑り出しで、今後の需要動向を見極めながら増便などを検討する。

 全日空は2000年まで関西―ヤンゴン線を運航していたが、政情不安を理由に取りやめた。その後、日本―ミャンマー間はタイや台湾、ベトナムなどで飛行機を乗り継ぐ必要があり、10時間以上かかっていたが、今回の定期便就航で約7時間に短縮される。

 全日空の伊東信一郎社長は15日の就航記念式典で「近いうちに、もっと大きな飛行機で週7便飛べるようにしたい」と、増便に意欲を示した。
Share this article :

0 comments:

Post a Comment

 
Support : Information Network by Nakakawa
Copyright © 2013. オンラインサービス業のニュース - All Rights Reserved
Created by Morinaka
Proudly powered by Blogger