Home » , , , » ミャンマーのラカイン州、バンガリ族 に関する 問題

ミャンマーのラカイン州、バンガリ族 に関する 問題

Written By Ngakawa Kyaw on Thursday, October 25, 2012 | 3:06 AM

 ラカイン州を不安定にさせ、イスラム国家にしようと 企ててる重要人物 自称 ミャンマームスリムのリーダー Muhammad Yunus

ラカイン州で衝突が再燃し、3人が死亡、民家や寺院、モスクなど400棟以上が焼失した。当局が24日までに明らかにした。

州司法当局によると、衝突は21日夜から始まり、ラカイン州内の4地域に広がった。同州では5月から6月にかけても多数派の仏教徒のラカイン住民とバングラデシュ不法移民イスラム教のバンガリ族との間で衝突が発生し、緊張が高まっていた。

当局は、今回の衝突を受けて2地域に非常事態を宣言。州首相は、治安当局者が現地に出向く際は、医療チームが同行するよう指示した。

5月に起きた衝突は、仏教徒の女性の強姦致死事件に関連して警察がイスラム教徒の男性3人を拘束したことが発端だった。この事件がきっかけとなって6月下旬にラカイン州で数百人がバスを
襲撃し、乗っていたイスラム教徒10人が死亡。暴動は州北部にも飛び火し、民家など数千棟が破壊され、数十人が死亡している。

バンガリ族は数百人が国境を越えて母国バングラデシュに避難しようとしたが、バングラデシュは既にバンガリ族の推定30万人を受け入れているとして、新たなバンガリの流入を拒んでいる。

ミャンマー最大都市ヤンゴンと、第2の都市マンダレーで15日、それぞれ千人以上の僧侶が、同国内でのイスラム協力機構(OIC)の事務所開設に反対するデモを行った。
その他にも少なくとも4カ所で僧侶中心のデモが行われた。

テインセイン大統領府は同日、ウェブサイト上でOIC事務所開設の可能性を否定した。

バンガリ族は、同国の軍事政権下で長年にわたって抑圧されてきたと訴えており、民主化を目指すテインセイン大統領は”これは不法移民問題であり不法移民は受け入れることはできない” とハッキリした声明を出した、 バングラデシュ不法移民イスラム教の
バンガリ族を第三国へ移転してくれるよう 国際社会に協力を求めている。

ミャンマーの隣国でイスラム教の人々が 様々な問題を惹き起こしており 現地では緊張が続き、ミャンマーの少数民族ではない不法移民バンガリ族に対する不信感と警戒心がたかまっている、
テインセイン大統領府は対応が試されている。

例えば、アッサム インド北東部の状態、バングラデシュ東南部の状態、タイ南部の状態、フィリピン南部の状態、それらのような収拾のつかない状態に突入させるために 
彼らは 仏教徒の女性の強姦致死事件を引き金とし 虐殺、民家や寺院の焼き討ちなど、非人道的な行為が行われ 民族対立,宗教対立でミャンマーのラカイン州を イスラム国家にしようとしている。 

イスラム教社会のメディア、ウェブサイトでは報道されてる多くの情報は 対立を引き起こすために悪党によって循環されている。

我々は事実と誤解を招くような 情報や言葉使いに対し 使用しないように、世界中のメディアにアピールする。

BCJP
Share this article :

0 comments:

Post a Comment

 
Support : Information Network by Nakakawa
Copyright © 2013. オンラインサービス業のニュース - All Rights Reserved
Created by Morinaka
Proudly powered by Blogger