Home » , , » 米政府、対ミャンマー輸入制裁の大半を解除

米政府、対ミャンマー輸入制裁の大半を解除

Written By Ngakawa Kyaw on Saturday, November 17, 2012 | 2:13 AM

 ミャンマー・ヤンゴン市内の壁に描かれたバラク・オバマ米大統領の顔と「ウェルカム・オバマ」のメッセージ

米政府は16日、10年近く続けてきたミャンマー産品の輸入禁止措置の大半を解除したと発表した。バラク・オバマ(Barack Obama)米大統領の19日のミャンマー初訪問を目前に、ミャンマーの近年の改革をさらに後押しする狙いがある。

 米当局によると、輸入解除の対象には汚職や暴力を誘発する大きな原因と考えられている宝石類は含まれない。

 米国務省と財務省が発表した声明によれば、今回の制裁解除の目的はミャンマー政府が進める改革努力の支援とさらなる変革の推進のほか、両国の企業への新たなビジネス機会の提供にあるという。

【翻訳編集】 AFPBB News
Share this article :

0 comments:

Post a Comment

 
Support : Information Network by Nakakawa
Copyright © 2013. オンラインサービス業のニュース - All Rights Reserved
Created by Morinaka
Proudly powered by Blogger