Home » , , » 若すぎる花嫁、ベスト報道写真2011

若すぎる花嫁、ベスト報道写真2011

Written By Ngakawa Kyaw on Thursday, February 16, 2012 | 5:30 AM

2月16日(木)19時39分配信
(Photograph courtesy Stephanie Sinclair VII/National Geographic/World Press Photo)

イエメン北西部のハッジャ州で、夫に寄り添う少女たち(2010年6月撮影)。ピンクの服を着たタハニ(Tahani)は6歳だった2年前に、当時25歳の夫マジェド(Majed)と結婚した。イエメンでは9歳未満の女児との結婚も可能で(※注)、半数近くが子ども時代から結婚生活を始める。

※注: 一般的な古典イスラム法解釈では、女性は9歳で一人前となり、結婚も可能とされる。イスラム法を厳格に守ろうとするサウジアラビアやイランなどではこれが法制化されているが、他の多くのイスラム教国では結婚最低年齢を15~18歳程度に定めている場合が多い。イエメンは例外的で、結婚最低年齢を定める法律がなく、9歳未満で嫁ぐ女児が数多い。

 写真家ステファニー・シンクレア氏が米ナショナル ジオグラフィック誌の依頼を受けて撮影したシリーズが、2011年世界報道写真コンテスト「現代社会の問題」部門の組写真1位に選ばれた。

「社会的な困難や課題を視覚に訴え、見る人に強烈な印象を残す。児童婚という非常に重要な問題を、誰もが無視できなくなるだろう」と審査員のジョエル・サルトル氏は評価する。「取材の大変さに敬意を表したい」。
Share this article :

0 comments:

Post a Comment

 
Support : Information Network by Nakakawa
Copyright © 2013. オンラインサービス業のニュース - All Rights Reserved
Created by Morinaka
Proudly powered by Blogger